[macOS] マウスの動きが不安定の時の解決方法

マウスが不安定で、マウスカーソルの動きがカクカクする時、ここの方法を参考にNVRAMのリセットをしてみました。

NVRAMリセットは結構久しぶりにやったもんで、リセットしたかどうかわかりませんでした。

昔のMacbookだと、リセットしたあと、ちゃ~んという起動音が明らかに大きくなったり、画面が非常に明るくなった気がしましたが、今回Macbook Pro 2017年モデルでやってみた感じ、何ひとつ変わってない気がします。

本当にリセットしたのかなぁ?!

それを確認する方法があるようで、以下のコマンド確認できます。

nvram -xp

実行結果:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict/>
</plist>

何も書かれてない=リセットできたって意味かな?!

ちなみに、以下のコマンドでもNVRAMリセットできるみたいです。

sudo nvram -c

これは実に便利です。クラムシェルモードで使ってる時、わざわざいろいろと外さなくてもリセットできるからです。

参考:

  1. Macでマウスの動きが不安定で遅い!すぐに直った方法
  2. Confirming NVRAM Reset

[macOS] HomebrewでMongoDBをインストール

MongoDBの公式で紹介されたようにインストールできます。

  1. brew tap mongodb/brew
  2. brew install mongodb-community@4.4

サービスの起動:

brew services start mongodb-community@4.4

または

brew services start mongodb/brew/mongodb-community

サービスの停止:

brew services stop mongodb-community@4.4

または

brew services stop mongodb/brew/mongodb-community

コマンドが長いので、以下のようにエイリアスを作ると便利です。
~/.zshrcや~/.bashrcとか。

alias mongod-start='brew services start mongodb/brew/mongodb-community'
alias mongod-stop='brew services stop mongodb/brew/mongodb-community'

[macOS] zshでrvmをインストール

macOSの場合、基本下記の公式で公開された手順でインストールできますが、なんとbashが必要とされています。
ところで、macOS 10.15 Catalinaからデフォルトシェルはzshになりました。

  1. gpg –keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net –recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3 7D2BAF1CF37B13E2069D6956105BD0E739499BDB
  2. \curl -sSL https://get.rvm.io | bash -s stable –ruby

zsh: command not found: gpgが出れば、brew install gpg2とかでインストールすれば良いと思います。

zshで上記インストールコマンド実行すると下記のようなエラーになります。

% \curl -sSL https://get.rvm.io | bash -s stable --ruby

Downloading https://github.com/rvm/rvm/archive/1.29.10.tar.gz
Downloading https://github.com/rvm/rvm/releases/download/1.29.10/1.29.10.tar.gz.asc
gpg: directory '/Users/yomhe/.gnupg' created
gpg: keybox '/Users/yomhe/.gnupg/pubring.kbx' created
gpg: Signature made Thu Mar 26 06:58:42 2020 JST
gpg:                using RSA key 7D2BAF1CF37B13E2069D6956105BD0E739499BDB
gpg: Can't check signature: No public key
GPG signature verification failed for '/Users/yomhe/.rvm/archives/rvm-1.29.10.tgz' - 'https://github.com/rvm/rvm/releases/download/1.29.10/1.29.10.tar.gz.asc'! Try to install GPG v2 and then fetch the public key:

    gpg --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3 7D2BAF1CF37B13E2069D6956105BD0E739499BDB

or if it fails:

    command curl -sSL https://rvm.io/mpapis.asc | gpg --import -
    command curl -sSL https://rvm.io/pkuczynski.asc | gpg --import -

In case of further problems with validation please refer to https://rvm.io/rvm/security

そこで以下でインストールできました。

\curl -sSL https://get.rvm.io | sh

そこからrubyのインストールですが、どうやらまずシステムデフォルトのrubyバージョンを先に入れないと以下の警告が出るようです。

% rvm install 2.7.1
Required ruby-2.6.3 is not installed.
To install do: 'rvm install "ruby-2.6.3"'

その場合は、素直にrvm install "ruby-2.6.3"でrubyバージョン2.6.3をインストールすれば問題なくなります。

HUAWEI MatePad Pro 10.8インチ Wi-Fiモデル ROM128GB+M-pencilが届きました!

2020/10/05 追記:
ここ(「HUAWEI App Gallery」のアプリ不足は「Petal検索」で解決!)でGoogle Playをインストールしなくても、一応公式らしい検索機能「Petal」でHUAWEI App Gallery以外のアプリをインストールできることを知りました。

言ってしまえば、ほとんどのアプリは以下より直接APKをダウンロードしてインストールするだけのようです。
https://apkpure.com/

少し入れてみました。クラクラは大画面で遊べるのは結構嬉しいです。

クラクラ

あとは、kindleも入れられたのは嬉しいですね。
タブレットは雑誌読むのに最適だと思います。


予定より1週間早く届きました。嬉しい限りです。

写真付きの開封の儀にでもしようかなと思ったりしましたが、何だかさくらくさいですので、こちらはとりあえず結果報告程度にして、今後面白い使い方があれば紹介したいと思います。

ハードウェアのスペックにおいて申し分ないです。
Google Playはないこと、もしくは、まだストアからダウンロードできるアプリが少ないことは欠点と言えますが、タブレットとして使う分には、手書き用のNotepad、絵描き用のibisPaint Xがあるので、私の用途して満たしており、無理にGoogle Playを入れなくても良いと思えるほどです。

特筆すべき機能として、画面がロックした状態でも、専用のペンでスクリーンをタッチすると、手書きノートが開きます。
ちょっとメモしたいと思った時にとても便利です。

ちなみに、今の値段を見てみると、なんと69,700円もします。

HUAWEI MatePad Pro 10.8インチ Wi-Fiモデル ROM128GB+M-pencil(For MatePad Pro/10.4) 純正 スタイラスペン M-pencil (CD52) ダークグレー 【日本正規代理店品】

これほどお得感がある買い物は中々ないものの、少し大きい出費に変わりないので、どう活用するかは今後の課題ですね。