今頃手書きノートは必要か?

あっという間2018年終わり、2019年が始まりましたね。
オリンピックもあと少しです。

私は結構の怠け者だと思います。面倒なことをやらないで済むために、一生懸命面倒なことをやっていますし、二度と勉強しなくていいように、何でも勉強しておきたいと思ってます。笑

年末年始の休暇を利用してたくさん勉強しようと思い、結構の数の本を図書館から借りました。
冷静に考えてみると、年末年始の毎日本を読んでも私のスピードでは無理だろうというぐらい借りました。
これじゃダメだよなぁと思ったので、さらに速読の本を借りました。。。

これって解決になる?!なんだか上と同じ理屈になったような〜〜〜笑

実は以前から速読に興味があり、まだ出来ていない身だから、本当にそのようなことが可能かは疑問に思います。
図書館で速読の本を探していたら、同じコーナーに速読に関する反論を唱えるような本もありました。

読書は1冊のノートにまとめなさい」という本です。

気になったので、それも速読の本と一緒に借りました。

その本を読むと、何だか螺旋を描きながら中心点に切り込むような気がしました。
まぁ、これだけでなく、他のもそのような前置きがたくさんあってからの要点の本がたくさんあると思います。
どうせなら、まず結論、それから解説、最後に応用のほうがいいような気がします。
その結論に賛同する、もしくは既に分かっているなら、続きは省略していいし、疑問があるなら、解説を読めばいいというような感じでいいではないでしょうか。

子供の教育にも同じこと言えると思います。
最初から習おうとすることの使い道を示してほしいですね。
社会人になってから、学校に通ってる時に、もっとあれを勉強すればよかった、これも習ったんだけど何だっけ?その時覚えとけば良かったと後悔するのは、習ってる時に何のためにやっているか分からないからではないでしょうか。

話しを飛躍しすぎましたが、それはそれとして気になりました。

もう1つ気になったのは、アマゾンで書かれたレビューです。
本読んだ後に他人のレビューを読むのはどうかと思いますが、今回は偶然ということで少し読みました。

本の中で読みたい本のリストが紹介され、著者が作ったテンプレートがあるということで、URLも貼っていましたが、既に古い本のようで、出版会社が社名を変えてドメインも変わったので、本にかかれたテンプレートには辿り着きませんでした。
ドメインが変わっても、コンテンツは残ってるでは?と思い、そのサイト内で探してみた結果、アマゾンの販売ページに辿り着きました。
ついでだから、そのレビューを読みました。

多くの方は、紙に書くことを問題視していました。
手で書くことが続かないと言われれば仕方ないかもしれませんが、紙とデジタルの検索性や携帯性などで比較するのは、その本の内容ではないような気がします。
そのようなことで評価するのはいかがなものかと思います。

実は私も当初から本当はEvernoteに書くべきではないかと思いました。
さらに動揺させているのは、その本の後半でもデジタル化の方法を紹介してました。
あくまでもノートへの索引ですが、著者の方法について、最初は普通のテキストですが、最近はExcelだと書いてあります。

しかし、なぜかそのようなレビューを読んだ時にひらめきました。

ノートに書いても、紙の本のデジタル化みたいに、その後裁断してスキャンすればいいじゃん!?と。

さらに、文字認識ソフトを使えば(私が書いた汚い字を読めてくれれば)、検索もできるはずです。

ということで、私もノートに書くことを実践しています。
方法はどうであれ、やっぱり継続できることが大切なポイントだと思います。
この本を読む前にも、英語を勉強するためにたくさんの単語をノートに移したことがあるので、この方法は自分に合う気がします。

ちなみに、その英語のノートは読み返すことなく、どこかにしまってしまいました。
その点でいうと、この本で提案した何でも同じノートに書くという一元管理が良いかもしれません。

さらにいうと、本の中にもあるように、ノートに書くことが最終目的ではなく、

読んだ本の内容をなるべく忘れないように、自分の血や肉としていきたい。 P4

なので、この本は1つの方法を提案しているだけであり、最適かどうかは人それぞれ、継続できるかどうかはやってみなければ分からないではないでしょうか。

ところで、さんざん人の話しを結論から言えと言っといて、この記事だって結論先に言ってないんじゃん〜とツッコミが来そうな気がします。笑

はい、大変失礼しました。m(_ _)m
と謝りつつも、ブログは違う気がしています。

まず本ほど長くないんです。
そのため、ポイントとなるところを太字にすることだけでも、ひと目ですぐ分かるようになると思います。

また、このような出来事がありましたのように、その出来事の流れを知っていただき、楽しんでいただきたいと思っています。

どうかお許しを〜

mount_osxfuse: the file system is not available (255)の解決方法

久しぶりにsshfsでリモートHDをマウントしようとしたら、まずFUSEのバージョンが古いと言われました。
FUSEはどうやって入れたっけ?!となかなか思い出せないんですが、幸い下記の「設定」画面で「FUSE」に入ると、ちゃんとアップデート機能が用意されました。

Setting FUSE

無事アップデート終わると、再度マウントしようとしたら、今度はこんなエラーが出ました。

mount_osxfuse: the file system is not available (255)

おそらくファイルシステムが更新されてないだけだと思いますが、Macを再起動します?!いあぁ〜ちょっと面倒ですね。
早速調べてしてみたら、参考1で紹介されたように、下記コマンド一発で解決できました。

sudo kextunload -b com.apple.filesystems.smbfs

Unloadするだけでいいのかなぁと思いながらも、再度マウントするとうまくできました。

参考
  1. mount_osxfuse: the OSXFUSE file system is not available (255) fuse: failed to mount file system: Undefined error: 0 #27293

この人たち寒くないの?

あけましておめでとうございます!

皆さん、大晦日のNHK紅白歌合戦見ましたか?

今年はTWICEが登場しましたね。

これは紅白歌合戦でTWICEのパフォーマンスするときの出来事ですが、9歳の長男に
「この人たち寒くないの?」
と聞かれました。

っん!?うぅん〜

「。。。そ、、そういう衣装だから。。。」
と私が答えました。

ちなみに、足派です。^^;

今年も頑張ります!!