OmniDiskSweeperで不要なファイルを削除してもなかなかディスク容量が減らない問題

Macbook Pro 13インチ 2017年 256GBのモデルを使っています。

よくこんなポップアップが出てきます。

うぅん〜余裕があれば、512GBほしいなぁ〜といったところ何も変わらないので、渋々とファイルを整理することにします。

その時はOmniDiskSweeperをよく使います。
現行バージョン1.11 (v30.2)です。

システムフォルダも含めて容量を確認したい場合、参考1が紹介したように以下のコマンドでターミナルから起動すれば良いです。

sudo /Applications/OmniDiskSweeper.app/Contents/MacOS/OmniDiskSweeper

これで結構便利です。

ところが、何回かやっていくうちに、なかなかディスクの容量が減ってないなぁと感じました。

フォルダを巡ってみたところ、/private/var/root/.Trashのフォルダが大きかったことが分かりました!!

これは!?ルートユーザーのゴミ箱!?これだな!!これが原因でしょう!

OmniDiskSweeper画面左下にある「Trash」で削除すると、ファイルやフォルダはゴミ箱に入ります。
ルートユーザーでアプリを実行しているので、言われてみれば当然ですが、ルートのゴミ箱に入り、完全に削除しないとディスク容量は空きません。

/private/var/root/.Trash直下の全部を削除したら、18GBも空きまして、これでしばらくは凌げるでしょう〜

みなさんもOmniDiskSweeperでファイルを削除しても減らないなぁ〜と思ったら、同じところを覗いてみるといいかもしれません!

参考
  1. How to Find & Recover Missing Hard Drive Space