ベランダに閉め出された

こんにちは、洋平です。

昨日部屋の中で本を読んでたら、ベランダの外から「すみません」と窓越しに微かの声が聞こえました。声のしたところを見てみたら、隣のおじいちゃんが戸境壁の向こう側から頭を出してこちらを見ていました。

急いで外に出て話を聞いてみると、なんとベランダに閉め出されたとのことで、助けを呼んでほしいとのことでした。

今年早々に梅雨が明け、こんな真夏の午後の暑い中、しかも日差しの厳しい西側のベランダ、これは大変です。

もちろん僕は助けを呼んだり、お茶をあげたり、管理会社に連絡したりしました。結局はレスキュー隊が動いてくれて、うちのベランダからお隣に移したり、玄関ドアのチェーンを切ったりして救助に向かってくれました。1時間ぐらいで無事救出されました。

どうやら、お隣さんは一人暮らしで、ベランダに出たあと、クレセントのレバーがサッシを閉める時の振動で降りちゃったので、中に入れなくなったようです。皆さんもおうちのサッシのレバーは緩んでないかと一度チェックするといいと思います!

連絡してあげたお礼に缶ビール3本頂いちゃいました。お酒は2年ぶりでしょうか?!記憶の術を紹介する本を読んで、お酒は脳に修復できない程のダメージを与えると読んでから全然飲まなくなったが、たまにはいいんじゃないかな?!^^;